dollを飾る箱を作る

ツイッターでみた、こんなBoxを作ってらっしゃる方がありました。

https://twitter.com/do_cacoo/status/1126871010924347393

とってもかわいい。
なおかつ、100均と3coins利用。
いいなあと思って、一番近い100均セリアに行きました。

やっぱり同じものはないので、箱の代わりに箱作る板買いました。

画像


フレームとか蝶番とかもね。
で、切って以前ダイソーで買っていたニスで切り口とか塗りました。
晴れててよかった。(at ベランダ)

画像


画像


組み始めようとしたら、フレームの裏の塗ってないところが見えてしまうことに気づきまして。

画像


塗りなおしですよ。
ちゃんと使い捨て手袋はめてやりましたよ。


画像


基本、木工用ボンドと、細いピンのような釘で組んでいます。
木材がふわふわな木なので、釘は打つのではなく、押し込む感じで入れています。

縦長なので、余った木材で段を作ることにしました。
小さいものを並べよう。


画像


蝶番のところ、180度開かなかった・・・あれぇ。
ちょっとつける場所がよくなかったみたいですね。
まあいいか。使うの自分だし(最終奥義)


画像


金具も付けました。
ここらへんで娘に
「手作り感あふれる」
とか
「100均感あふれる」
と言われますが、使うの自分だし。


画像


背景には壁紙っぽい布を貼った段ボール。
これはいつでも入れ替えられます。

しかし、なかなか暗いので、中に100均のライト買おう。
あと、サイドの壁は白塗りの方がいいかな。腰壁付けて。
奥とは変わってしまうけど、暗いから。


全体の厚みが20cm以上あるので、この状態で持ち運び(イベント時のショウケース代わり)はないと思います。
手持ち搬入なので、こんなの持って行けない。

埃をよけれる、展示スペースとして、棚にそのまま置いておきます。
作品ができたときの背景くらいには使いたいから、明かり若しくは壁色を考えよう。
アンティークカラー好きなんだけどね。



そして、

画像


オープンな部屋もどきから、ようやくこたつを撤去。
広くなりましたよー。



大阪アイドールに委託お願いすることになるので、帽子くらいは作ろうね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック